【あの日あの時】美片流~気になる相手へのアプローチ方法①【あの場所で】

恋愛初期のアプローチ方法―具体的にいうと合コンやらパーティやら友達の紹介等のいわゆる出会いの場で…

出会ったばかりの関係性からちょこっと距離を詰め相手に異性として気になる存在として印象付けるための具体的な会話のお作法

…って今まで自分が見聞きした限りでは、

相手にいっぱい質問して興味があることをアピールする!

とか

聞き上手がモテるのであいずちのバリエーションを増やして相手に気持ちよく話してもらう!

みたいな抽象的なアドバイスばかりで具体的なアドバイスってありそうであまり見たことないなーと思ったんで記事にしてみました。

コミュ障の自分が遊び人時代を通じて培ってきた美片流のアプローチ方法をお伝えさせていただきます。

出会ったばかりの気になる相手に対してどうアプローチしていけばいいのか…

それではズバリ!

まず相手をほめ~る~

か~ら~の~

自己開示をしつつ質問によって相手の人となりを掘り下げていく!

……てザックリ言ってもピンと来ませんよね(;・∀・)

それでは詳しくお話させていただきます。

まず相手を褒める!

とゆうことに関してお話します。

そもそも褒めることは、自分の視点から相手の良いと思うところ、優れているところを言葉で相手に教えてあげる行為であり、

言い方を変えると

相手の部分や側面を承認し好意的に受け入れる行為

でもあります。

ひらたく言うと褒めることで

相手に「私は貴方の存在を受け入れてますよ」って感触を相手に与えることにつながるのです。

なので褒めるという行為自体、へりくだることでも媚びを売ることでもないのです。

人は他者と比較してしか自分がどういう人間か推し量れない生き物であるので、自分で自分の長所や短所を把握することは難しいのです。(例えば世界に自分1人しかいなかったら他人と比較して自分は優しいとか怒りっぽいとか把握しようがないですよね)

それゆえ自分の長所や優れている点って人から言われて初めて気づくことが多いですよね。

例えば小学校の授業で絵を書いていて先生に褒められて自分は絵が得意なんだ!って気付いたり作文を先生から褒められて自分は文章を書くのが得意なんだ!と認識したり

仕事の場でも自分では普通にふるまっているつもりなのに上司等からあいさつが気持ちいいね!とかよく気が利くね!と言われて“自分の長所”を認識したというようなことが思い当たるんじゃないかなと思います。

なので褒めることに関して変にハードルを高くせずに、この人のこういうところいいなとか好きだなと思ったら

私からしたらこの人のこういうところ素敵だと思うんだけど、もしかしたらまだ気づいていないかもしれないから教えてあげよう

みたいなノリで気負わずにガンガン褒めちゃえばイイと思います。

それが世の中に

愛を循環させる

ことにも繋がると思いますので

褒めることは男女間の恋愛の場のみならず、適切に使えば友達等の同性間、職場、お稽古ごとの場などあらゆる場所で使える人間関係の潤滑油みたいなものなので、意識してどんどん褒めていきましょう!

って言われても日本人は島国育ちほぼ単一民族の内気な人種。人のことを口に出して褒めることに抵抗感を感じる人は多いですよね(;^ω^)

でも、でもさ!ちょこっと勇気を出して褒めましょうよ!自分がされたら嬉しいように自分から相手を承認していきまっしょい!人間関係スタートダッシュでギヴ!ギヴ♡って姿勢は大事ですよん(*‘∀‘)

また哲学的に言うと

褒めようと相手を意識すること

相手を意識することは意識の目で相手を“まなざす”ことであり

 意識することは広義の意味での愛

となりますので相手の良いところを意識して見つけて口に出して伝えることは、愛を発散しているようなものなので人を褒め続けることによって自然と自己肯定感も上がり、人としての熟成感も出てくるという( *´艸`)

ほら!例えば人を褒めなれてるジェントルマンって柔和な笑顔をしているイメージが強いでしょ。

ここまで人を褒めることの良さについてお話してきましたが、それでも気になる相手を褒めることに抵抗のあるシャイな乙女達は多いと思います。

褒めるのが有効なのはわかったけどじゃあ気になる異性相手に具体的にどう褒めればいいんだよ!という乙女も少なくないと思います。

ですのでそんな乙女達のために、男女の出会いの場で使える具体的な褒めフレーズをあげてお話させていただきますね。

例 女性から男性へ

①「その紺色のストライプのネクタイ似合ってますね!清潔感あるな~」

②「○○さん眼鏡似合ってますね!知的でスマートに仕事をこなしてそう」

③「○○さんその腕時計似合ってますね!できる男って雰囲気」

それでは、①、②、③のフレーズについて順に解説させていただきます

①はネクタイを褒めてますがネクタイは一般的にサラリーマンにとっての少ないファッション自己主張ポイントなので褒められて悪い気をする人はいないかと。清潔感て言葉に繋げてさらっと簡潔に済ますとこがポイントですね。

②について説明します、眼鏡リーマンは、一部女子にとっての萌え属性ですよね!男性とは眼鏡を褒められる=知的でスタイリッシュな雰囲気に見えるオレと脳内変換してしまう単純さを持つ生き物なので有効かと思います。そして知的に見えるところから社会人としての有能さに繋げてくのがポイントですね。

③については、時計も同じくサラリーマンにとっての数少ないファッション自己主張ポイントであり、自身の収入や社会的ステイタスを誇示するためのパーツでもあるので褒めの鉄板ポイントですね。できる男~って男性の有能さに繋げてるとこもポイントです。なぜなら

男性は太古の昔マンモスを追っかけてたころから己の有能さで女性を獲得してきた生き物なので。

とこんな感じで具体的フレーズをあげて解説してみましたがポイントは、イケメンですね!みたいに相手の肉体的なところを褒めてないところですね。

なぜなら相手の顔、体つきや雰囲気、声、匂いに惹かれるということは本能的に惹かれているということなので。

それを出会ってすぐ口に出してしまうと分別のある男性だと言語外になんとなくのやらしさみたいなものを感じてしまうし、相手がチャラい男だと「こいつチョロそーだな」と思われてしまうものなのだったりします。

そして相手に「褒めたことで相手に承認されたがってる自分」を感じさせないために簡潔に締めるとこもポイントですね。

また出会いの場面では出会って出来るだけ早い段階で相手を褒めたほうがこちらに好意的な印象を与えることができます。

なぜなら先ほどもお話したとおり褒めるとういうことは、 “相手の部分や側面を承認し好意的に受け入れる行為 ”であるため出会ってまだお互い自己開示が済んでない段階で相手から好意的に受け入れてもらえてると感じたら安心感が生まれますよね。

例えば職場の移動先で先輩職員から「君の噂は聞いてるよ!一緒に仕事出来るの楽しみにしてたんだ!」

なんて言われたら、初めて行く部署で緊張してた心持ちもだいぶリラックス出来て実力を発揮できそうですよね。

他にも

合コン等の出会いの場でイイなと思った相手から“そのネイルの色キレイだね、今の季節にピッタリ!”なんて言われたらこの人めっちゃイイ感じやん!となって安心して初めから楽しくお話出来てしまいますよね!

先ほども言いましたが大事なことなので二度言います!

恋愛のみならず全ての人間関係においてスタートダッシュでギヴ!ギヴ♡って姿勢は ホント大事です(*‘∀‘)

そして

ポイントは出来るだけ早くかつサラッと

です。

………とこんな感じでここまで具体例をあげて長々と述べさせていただいたうえであえて言わせていただくのは心苦しいのですが…

上記のフレーズをまる暗記してこれ言っとけばツカミはOKみたいな態度で男に接するのはモテない女のお作法ですよ!

なぜなら上記フレーズはあくまでも具体例であり

真に大切なのは、

相手を見てできるだけ適格かつすばやく相手の自己主張ポイントを見抜き、それをいかに気になった相手に「承認してほしい自分」を出さずにさらっと勇気を出して伝える姿勢

でありその積み重ねにより

イイ女度

人間的な成熟感

も増していくんですからネ!!(*‘∀‘)

長くなったのでその②に続きます。よろしければお付き合いください(;^ω^)