「ココロノマルシェ相談回答」日常の中で過去のことを思い出して苦しくなってしまいます

無料相談サイトである「ココロノマルシェ」

の相談に応えてみました。

以下相談文

日常の中で過去のことを思い出して苦しくなってしまいます

相談者 ゆかさん

今まで上手くいかなかったこと、失敗したこと、怒られたこと、嫌われてしまったこと、冷たくされたこと、ひどい態度をとられてしまったこと、相手が機嫌が悪いので理由もわからず謝ってしまう自分など、小さい頃から現在まで日常の中で過去のことを思い出して苦しくなってしまいます。

昔のことを思い出してもしょうがないとは頭ではわかっていて、自己啓発本もたくさん読んでいるのですが、どうしてもやめられません。

仕事も上手くいかないことが多く、私にできること向いているものはあるのかなと思ってしまいます。

この性格をやめたいと思っていますが、抜け出せません。

何かアドバイスいただけたら幸いです。よろしくお願いします

以下美片からの回答文

ゆかさん!ココロノマルシェへのご相談ドウモアリガッットゥゥゥーーーー!!!

カリスマカウンセラーMIKATAがキミの相談に応えるアルよ(^_-)-☆

いやーーキミついてるね!ラッキーだよラッキー!ラッキーマンだよ!だってカリスマカウンセラーである僕がキミの相談に回答するんだからね☆

いやーアレだね、今年はもう優勝だよ、優勝!ある意味キミの優勝は決まったようなものだよ!

乾杯だ!乾杯!この素晴らしい人生に乾杯!

ジャカジャカジャカ、かぁんぱぁ~~い、いまきみぃはじいんせえいの~( ̄д ̄)

↑最近、長渕ネタ多いなしかし

なんてふざけていると師匠である根本氏からココロノマルシェへの回答権を永久剥奪されそうなのでここからは真面目にやります(;’∀’)すんません

それでは、気を取り直してここからはまっとうにお答えさせていただきますのでよろしくお付き合いくださいませませ。

ゆかさんは頭では昔の辛かったことを思い出して自分を責めてもしょうがないとわかっているけどついしてしまう。

思い出して辛くなったり苦しくなってもついしてしまう。

ということは、逆説的に考えると今のゆかさんはそれがしたいんでしょうね。

昔のことを思い出して落ち込んだり辛い気分になって感傷的に浸っていることが居心地がいいのかもしれません。

過去に浸っている、ということは別の言い方をすると今の現実から目を背けている

ということになります。

では、そこまでして目を背けたい現実とはなにか

ということになります。

それはもしかしたら自分の認めたくない一面だったり、現在自分の置かれている社会的な状況だったり、向き合いたくない自分の感情、取り組みたくない自分の課題

だったりするのかもしれません。

とはいえ、今は過去のことを持ち出して感傷的な気分に浸ってまで目を背けたいことと向き合うべくタイミングではないのかな、と思うのです。

なぜなら今は過去のことを持ち出して感傷的な気分に浸っていたい時だからです。ゆかさんのどうしてもやめられないという情動がそのことを物語っています。

まずは今の自分は過去のことをアレコレ持ち出して感傷的な気持ちに浸っていたいんだな、

ということを認めるトコロから始めてみてはどうかと思います。

そしてやるなら徹底的にやりきることです。中途半端にだらだらやり続けているからやめられないのです( ̄д ̄)

徹底的にやりきるとは具体的にどういうことかと言うと、ノートを使い毎日2,3行でもいいので「自分は自分のどんなところがダメだと思うのか」「なぜ自分はそのダメな行動をとってしまうのか」ということを書き出していくのです。

この作業を続けていくことで自分はなぜ自分のことをダメだと思っているかということに対する理解の抽象度が上がっていきます。

自分自身に対する理解の抽象度を上げていく作業、すなわち自分のことを構造的に理解していくことに繋がります。

自分が具体的に自分のどういうところをどうダメだと思っているかということをキチンと知ること

自分のここがダメだと思うトコロを視覚化し材料を出し尽くすこと

この2つが組み合わさることにより、自分自身の生き方に対する態度の言い訳が聞かなくなっていきます。

なぜなら自分自身に対して「わかっているならじゃあやれよ」ということになるからです。

そしてそこで必要なのは“勇気を出して行動に移すこと”だったりします。

自分のどこがどうダメかということをきちんと知る=自分という存在は一人の不完全な人間であるという至極当たり前の事実と向き合い弁えることで人は謙虚になり、

「残された時間の中でこれからどう生きていくか」を戦略的に考えていけるようになるのです。

少しづつ、ゆっくりでもいいので過去に目を向け続けるのではなく、自分とイマと向き合っていただければと思います。

過去はセピア色の色のない世界ですが現実にちゃんと目を向ければ

カラフルに彩られた世界が広がっていきます。

参考にしていただければ幸いです(*‘∀‘)