「ココロノマルシェ相談回答」彼の態度に不安になるのは、私の気の持ちよう?

無料相談サイトである「ココロノマルシェ」

の相談に応えてみました。

根本的な問題は相談者さんがカレのことを「信頼」出来ていないところにあるのでは、と僕は思いました。

恋人同士というのは、元をただせば全く違う環境で育った他人同士であり、お互いの信頼関係は0スタートから相互努力により信頼関係を育てていくことになります。

相手と信頼関係を育んでいく過程では、めんどくさかろーがしんどかろうがお互いの膝と膝を付き合わせてがっつり向き合い話し合いを重ねていくことで2人の間に生じた一つ一つの問題をクリアにしていく

というプロセスが必要になります。

逆にいうとそのことに労力を使うだけの“愛”がないならスッパリ別れてしまったほうが相手にとっても自分にとってもいいのかもしれません。

そこに愛はあるんか!byアイフルっすね。

以下相談者様からの相談文

彼の態度に不安になるのは、私の気の持ちよう?

相談者 サトウさん

いつもこちらで数々の悩みをご相談させていただいてます。ご回答してくださったカウンセラーの皆様、本当にありがとうございます。

今回、相談したいことは「彼の態度に不安になるのは私の気の持ちようなのか?」です。

彼は二つ年下です。自由奔放?長期休暇には海外に行くのが趣味です。しかし、オープンマインドとか言うとそうではなく、あまり自分のことを話したがらない人でもあります。いつも私の話を聞いてくれて有難いのですが、一方で「申し訳ない」とも感じますし、たくさん甘えたいし甘えてるけど「なんだかイマヒトツ」というすっきりしない気持ちがあります。

彼は甘えなくていい人なのかなと、一時はそれで納得させたのですが、肝心なところで甘えようとします。

例えば、勉強のこと(彼も私も学生です)。私自身まじめなので余計に思うのかもしれませんが、提出期限を守りません。全部ではないけどやる気が続かないのか、過信があるのか、直前に終わらせようとします。それで間に合うならいいのですが、間に合いません。提出物を出せず、後悔して怒って、黙ります。傷ついているようなのですが、それを繰り返します。で、単位が取れなくて落ち込みます。(はたから見たら、なんで前もってしないんだろう?という気持ちになります)

また小さなことですが、ご飯のリクエストで彼自身は「どっちでもいい」と言うのに、私が言うと「どっちなの?」と言及してきます。私も「どっちでもいい」ときってあるんです。彼はあるのに、私にはない。私はどっちかに決めなくてはならない、というのも謎です。

まだまだあるのですが、正直、「自分に都合がいい」ことばかり優先している気がします。自分の都合がいいように私をコントロールしようとするときもあるのかな?と疑ってしまいます。実際、大事な話のときに彼の都合のいいように話が進みそうになったというか、彼の都合がいいことを前提に提案があったのでびっくりしましたし、悲しくなりました。

それで度々、私が「このままやっていけるのか」と不安になり、別れを意識します。私が勝手に不安になって彼を信じられないだけ、と今まで思っていましたが、最近、ふと「彼の態度が私を不安にさせるのでは?」と思いました。でも…私の気の持ちようなのかな?とも悩みます。
もしかして、私も都合のいいように彼をコントロールしてるのかな?と苦い気持ちになります。もしかして、私の「別れるのかな…」という不安が知らぬ間に彼に届いていたりするのかな…とも想像してしまいます。

後半はただの予想になってしまいましたが、私は彼のことが好きです。不安にならず、まっすぐでいたいのですが、どうにもうまくいきません…。

以下美片からの回答文

サトウさんこの度は勇気を出してのココロノマルシェへのご相談ありがとうございます。梅雨前線上等!コロナ上等!埼玉が生んだ狂犬、こと”美片 たかひろ”が回答させていただきます。

サトウさんからの相談文をザッと読ませていただいてとりあえずザックリ答えさせていただくと、

どんなカップルだって一緒にいて相手にイラついたり、信じられなくなったり、不安になったりさせたりすることなんて山ほどあるんだよ。

ということです。

相手の言動に対してキズついたり、悲しんだり、不信感を抱いたり、落ち込んだりするのはほかでもない自分であって、そのことに対して見て見ぬふりをしたりしてもそれは「相手を失う怖さから自分で自分をだまし続ける」ようなものなのです。

自分で自分のことを一時は騙せてもずうっと騙し続けられるものではないのです。いずれなんらかのカタチでほころびが生じます。

では、お互いの関係性を安定性のあるものにしていくためになにが必要かというとお互いのことを信じて委ねられる信頼関係です。

相手と信頼関係を築いていくためには、めんどくさかろーがしんどかろうがお互いの膝と膝を付き合わせ、がっつり向き合って一つ一つのことをクリアにしていくしかないと僕は思います。

と、ゆーーーわけでここから相談文を読ませていただいて特に気になった箇所についてお話ししていきます。

〉彼は二つ年下です。自由奔放?長期休暇には海外に行くのが趣味です。しかし、オープンマインドとか言うとそうではなく、あまり自分のことを話したがらない人でもあります。いつも私の話を聞いてくれて有難いのですが、一方で「申し訳ない」とも感じますし、たくさん甘えたいし甘えてるけど「なんだかイマヒトツ」というすっきりしない気持ちがあります。

▶ここを読ませてもらって僕の中で見えてくるカレ像は“受け身で主体性が薄く自分の思ったことや考えを言葉で表すのが苦手な人”といったものです。

サトウさんが「申し訳ない」と感じるということは、カレがサトウさんの話をただ聞き手側に回り聞いているのみといった印象を受けました。

サトウさんの話を聞きながらその裏にある意思を受け止め、その場で「それについてはオレはこう思うんだけどネ」といった感じで自発的に自分の考えをあまり示してこないタイプなのかな、という感じもします。

コミュニケーションがサトウさんからの一方的なものに終わり、相互的な循環の流れが生じてないような感じがします。

「なんだかイマヒトツ」というすっきりしない気持ちがあるということからしても、サトウさんと話している時のカレは「ただ話を聞いてくれているだけ」というトコロに落ち着いてしまっている感じがします。

カレがサトウさんの発するコトバの表層的なトコロしか受け取っていないのかな、というトコロにサトウさんが不満を感じているのかな、と僕は思いました。

サトウさんからするときっとカレに「なんで今このタイミングで貴方にこの話をするのか」といったことや「私が貴方にこの話をするのは貴方にどんなことを感じてもらいたいからか」

といったサトウさんのコトバの一枚奥に隠れた感情的なトコロにまでカレが触れてくれたり受け取ってくれていないことにより2人の間で「コトバとコトバによるコミュニケーションの乖離」が生まれてしまっている印象を受けます。

そこにサトウさんは「今一つスッキリしない」という感覚で欲求不満を感じているのではないかと思います。

〉私自身まじめなので余計に思うのかもしれませんが、提出期限を守りません。全部ではないけどやる気が続かないのか、過信があるのか、直前に終わらせようとします。それで間に合うならいいのですが、間に合いません。提出物を出せず、後悔して怒って、黙ります。傷ついているようなのですが、それを繰り返します。で、単位が取れなくて落ち込みます。(はたから見たら、なんで前もってしないんだろう?という気持ちになります)

▶ここを読ませてもらって感じたことは、カレが何度も課題を期限までに提出できずにいる、ということの表面的なトコロだけ読み取るとカレは単にルーズ、だらしない、自己管理の出来ない人といった印象を受けるかと思います。

ちょっと掘り下げてみると「後悔して怒って、黙ります。傷ついているようなのですが、それを繰り返します。で、単位が取れなくて落ち込みます。」

この後悔→失望→傷心→絶望というカレの一連の感情の動きを見ているとカレはある意味「傷つき」を何度も享楽的に味わおうとしているかのようにも感じられます。

ソレはもしかしたらカレが幼少期に心の奥に刻み込まれた「心の傷」のカタチを確かめようとして何度も同じ思いを味わおうと無意識に繰り返しているのかもしれません。

そしてもしそうならソレはカレが周りから言われるのではなく自分自身のチカラで気づかないと手放せないものだと思います。

なのでサトウさんがこのことについてカレに指摘するようなことはしないでおいて下さいネ。

カレが自分のチカラでオトナの男になる機会を奪うようなこたあしちゃあいけません♡

〉ご飯のリクエストで彼自身は「どっちでもいい」と言うのに、私が言うと「どっちなの?」と言及してきます。私も「どっちでもいい」ときってあるんです。彼はあるのに、私にはない。私はどっちかに決めなくてはならない、というのも謎です

▶これは単純に「カレが責任を持ちたくない」んでしょう。

だって自分は「どっちでもいい」いいことにして相手に伺う時はキチンとなにかに決めてもらっとけば、もし失敗しても相手のせいにできるし自分が責任を持つ必要がないですからね。

カレはもしかしたら自分がココ!と思った店に入って期待したより料理が美味しくなかったり、または料理が出るのが遅くて気まずい時間が流れたりとかうるさいヤカラが隣の席にイヤな気分を味わったりといった予想外のアクシデントが起こることを想像したら耐えられないのかもしれません。

自分で自分の意思を主張をせず責任からは逃れようとするカレの態度から、「まだカレは大人の男ではないな」といった印象を私は受けます。

ただもしかしたら日ごろのサトウさんの言動から、もしカレが的の外れた提案をしたら反射的に口をはさんでくる、という印象をサトウさんに持っているから、サトウさんの前でなにか自分が選択しなくてはいけない時にミッフィーちゃんになってしまうという可能性もあります。

そのへんは一度自問自答したほうがいいかもしれません。

〉まだまだあるのですが、正直、「自分に都合がいい」ことばかり優先している気がします。自分の都合がいいように私をコントロールしようとするときもあるのかな?と疑ってしまいます。実際、大事な話のときに彼の都合のいいように話が進みそうになったというか、彼の都合がいいことを前提に提案があったのでびっくりしましたし、悲しくなりました。

▶こういった疑いの気持ちが起こるということは、大なり小なり自分でも相手を都合のいいようにコントロールしたいという気持ちを持っているものだったりするものなんです。

逆にいうとだからこそ相手との主導権争いに敗れて自分が劣等感を味わいたくない、というライバル心みたいなものを根底に持っていたりするのです(゚Д゚;)

ここらへんも一度冷静に自問自答してみたほうがよいかもしれません。

大なり小なり人は自分の色メガネで見える景色しか見ることができない生き物なのです。

なので大事な話がどのような話なのかはわかりかねますが、相手の話に疑問を感じたなら「なぜ貴方はそういった考えになったのか」「私は貴方の話を聞いて私はどう思ったか」ということをキッチリ話し合い、自分の心の中に生じたモヤモヤをクリアにしていくことが大事です。

ここらへんで〆に入ります

〉私が「このままやっていけるのか」と不安になり、別れを意識します。私が勝手に不安になって彼を信じられないだけ、と今まで思っていましたが、最近、ふと「彼の態度が私を不安にさせるのでは?」と思いました。でも…私の気の持ちようなのかな?とも悩みます。

▶ここから私が感じたことは

大前提としてサトウさんは恋人であるカレのことを信頼出来ていないのでは、

ということです。

逆に言うとカレのことをパートナーとして信頼出来ていないからこそ、なにか事あるごとにサトウさんの中に「このままカレと一緒にいていいのかなぁアタシ」という疑念や「このまま付き合っていてもきっと長くは続かないんじゃないかな」という気持ちが生じてくるのではないかな、と思います。

では、だからこそカレのことを信じてあげましょう!カレのことを全力で愛してあげましょう!

なんて収まりのイイ言葉でまとめる君カウンセラーが言いそうなことを僕は言いません(;・∀・)

現時点でカレのことを信じて身を任せられないのが、今の正直なサトウさんのスガタなのです。もちろん僕はそのことを責めてませんし、そのことにイイとも悪いとも思いません。

ただお二人の今の関係性はお互いに自分の都合のイイ関係性に持っていけるか、どうかのコントロールの奪い合いになっているのではないかな、と僕は感じます。むしろそのことにどちらが先に気付いて手放せるかを競うゲームをしているかのようにさえ感じます。

そしてコントロールの奪い合いに意識が向きすぎているからこそ相手の言動に対して懐疑的になり相手に対する信頼が生まれてこない状態なのでは、とも思います。

なぜ相手のことを信頼できないかという根本的な原因として「相手に対する理解不足」があると思います。

とはいえ、相手の言動に対して疑問を感じて、その時に感じた怒りや悲しい気持ちをそのまま口にするだけでは、お互い感情的になり、ケンカになるだけで相手が「なぜ」そういった言動をワタシにするのか

という「相手の背景に対する理解」には進みません。

相手のことを理解していくためには「対話」すなわちお互いが水平な目線で胸の内を明かしていくことが必要になります。

対話とゆうと平和的な響きがありますがお互いなにかに惹かれてくっつきあった者同士だからこそ、お互いの恋や欲というバイアスがかかり冷静に相手の言い分を飲み込むこと、はとってもしんどかったりするもんです。

相手の言い分の背景を理解するためにお互い膝と膝をくっつき合わせて対話を重ねていくことは必要。とは言っても相手と向き合う、ということは、半ば強制的に自分とも向き合わされることになるわいちいち相手の言葉に、こちらの感情はかき乱されるわでハッキリ言って苦行です。

ただそういったシンドイ思いをしてでも相手と対話を重ねていかないと永遠にカレのことを信頼なんてできないだろうし、胸の内のモヤモヤは大きくなっていくだけだろうと思います。

逆に言うとカレに対してこういった労力を使ってまで向き合おうという気にならないのであればスッパリ別れてしまったほうがカレのためにもご自身のためにもいいかもしれません。

とはいえ、カレと出会ったのもなにかの縁だろうし、カレのことを本当に好きなんだったらしんどい思いをしてでもイケるとこまでがっつりいっといたほうが後悔はしないんじゃねえか(; ・`д・´)

と僕は思います。

昔の人も「苦労は買ってでもしろ」と言ってますね。たしかに身になる苦労だったら、その困難に立ち向かう意思があるならやっておいて損はないと思います。

と、ゆーーーーワケで長くなりましたがカレとの向き合い方について相談したくなったらカウンセラーに助けを求めてみるのもアリですよん♪

今回ずいぶんガッツリ言ってしまった気もしますがお役立ちいただければ幸いです。