【生き方相談】自覚のない自己犠牲をやめたい

無料相談サイトである「ココロノマルシェ」

の相談に応えてみました。

今回の相談者様は対人関係の悩みから職場に出勤できないような状況にまで追い込まれてしまったようです。

その原因は自分からしたら、許せないことをする後輩の存在自体がストレスに感じ「後輩に辞めてもらうか、自分が辞めるか」というところまで追いつめられてしまったようなのです。

いくら許せないことをする後輩のコトが気に障るとはいえ、自分か相手のどちらかが辞めるしかないという思考は極端ですよね。

では“なぜそんな極端な思考にイッてしまうのか”という心理の背景を読んでみました。

以下相談者様からの相談文

自覚のない自己犠牲をやめたい

相談者 なのかさん

コロナの自粛期間中から精神が不安定になってしまいやすくなりました。
その中で職場での特定の人との対人関係に悩むことが2回ほどあり、一度は出勤できない状況にまで陥ってしまいましたがその後周りの上司や仲間からの支えもあってすぐに復帰できました。復帰後、悩んでしまった経緯や原因なども冷静に分析はできたのですがそこで自分の自己犠牲的な部分に上司が気付いてくれました。

例えば、誰が見ても絶対にしてはいけないことを繰り返す先輩に対して自分が辞めるか先輩が辞めるかのどっちか、と思ってしまったり
そういうよく分からない人のせいで自分が変わらなきゃいけないのは嫌だ、という感覚も上司から その人のためじゃなくて自分のためだよ!その人みたいな人が今後来たときに対応できるようになるためだよ!と言われてハッとしました。
ハッとしたけど一生このサイクルな気がします。

もっと色々あったのですが、、
思えば小学5年生くらいからこのサイクルにずっとずっとハマり続けていたような気がします。その度に死にたくなったり、学校会社をお休みしてしまったり、、
高校生の時は不登校になって中退してしまいました。
今はなんとか就職もできて今度昇進するところまで来ているのですが
前向きに生きていきたいのに、このサイクルがまたいつか起きるのではないかとビクビクして生きています。
こんな自分をやめたいです。

そもそも自己犠牲的という優しい人間かもわかりません、、ただのお節介だけど自分にとってはやめてほしい、気になって仕方がない、、

自己犠牲のやめ方について検索したらたまたまこのサイトを見つけることができました。
すみませんがご教授よろしくお願いします。

以下美片からの回答文

なのかさんこの度は勇気を出してのココロノマルシェへのご相談ありがとうございます。都会の片隅でひっそりと咲くヒヤシンスのようなカウンセラー“美片 たかひろ”が回答させていただきます。

なのかさんからの相談文をザッと読ませていただいてとりあえずザックリ答えさせていただくと、なのかさんは

自分の欲望にもっと忠実に生きたほうがイイ

ということです。

なのかさんが今回、ご相談された問題を解決するにあたってすべきことは

ビール飲みながらレバ刺し食って、その後富士そばでカレーカツ煮を食って、カラオケ行ってハイボールを飲みながら歌い散らかして夜道でイクラちゃんのモノマネをしながら帰宅すればイイ

ということです。

ってそれはオレの欲望、てかオレがブログに煮詰まった時にやることや(;´∀`)具体的にはこれから先にわりとマジに書いていくのでぜひ最後まで読んでほしいんだゆ(上目遣い)

と、ゆーーーわけでここから相談文を読ませていただいて特に気になった箇所についてお話ししていきます。

〉その中で職場での特定の人との対人関係に悩むことが2回ほどあり、一度は出勤できない状況にまで陥ってしまいましたがその後周りの上司や仲間からの支えもあってすぐに復帰できました。復帰後、悩んでしまった経緯や原因なども冷静に分析はできたのですがそこで自分の自己犠牲的な部分に上司が気付いてくれました。

▶なのかさんは職場の上司や仲間達からそれだけ大事にされているということですネ(*‘∀‘)職場で疎まれているような存在だったら、心身のトラブルから出勤できない危機に陥っても、周りの方達から手厚いサポートを受けるようなことはないと思うのです。

そして上司さんが“気づいてくれた”ということはそれだけなのかさんに“目をかけている”ということの現れなのだと思うのデス。だからこそ、上司さんは、なのかさんのココロの反応に対して示唆的な助言が出来ると思うのです。

〉例えば、誰が見ても絶対にしてはいけないことを繰り返す先輩に対して自分が辞めるか先輩が辞めるかのどっちか、と思ってしまったり
そういうよく分からない人のせいで自分が変わらなきゃいけないのは嫌だ、という感覚も上司から その人のためじゃなくて自分のためだよ!その人みたいな人が今後来たときに対応できるようになるためだよ!と言われてハッとしました。

▶この「誰が見ても絶対にしてはいけないこと」がどのようなことか具体的に書いていないのでワカりませんが(上司が直接注意しているふうではないことカラ察するに職務に関することではナイのカナ(;^ω^))

まず「自分が辞めるか先輩が辞めるか」という思考は“イチかバチか”的な視野の狭まった極端な思考かと思います。

このような極端な思考に行きついてしまうということは、それだけ普段からなのかさんの心に余裕が無いということなのかな、と僕は察しました

なぜならヒトってココロに余裕が無い時って視野が狭くなりがちだからです。例えばおなかが好きすぎてどうしようもない時は添加物てんこもりのジャンクな食べ物もそばにあれば手を伸ばしてしまうし、愛情に飢えてどうしようもない時って甘~いだけのオトコの口車に違和感を感じながらも騙されてしまう生き物だからです、ヒトって。

なのかさんのココロになぜ余裕がないのかということについては、この相談文を読ませていただく限りでは詳しくワカりません。

また、「そういうよく分からない人のせいで自分が変わらなきゃいけないのは嫌だ」というトコロからは“ワタシが相手の態度を容認するのは嫌だ”というある種のココロの潔癖さを感じます。

そういったココロの潔癖さから、なのかさんははシロ、クロはっきりつけたがるタイプ、逆に言うとグレーな部分も“ヒトのことはヒト”と許容出来る、いわゆる清濁併せ吞むことが苦手なタイプなのかなぁと察しました。

僕はこのことから、なのかさんは“自身の正義に過剰に拘る”というトコロがあるのかな、と察しました。

ちなみになぜ僕がなのかさんのことを“自身の正義に過剰に拘る人”と見たかということについては「誰が見ても絶対にいけないことを繰り返す先輩」に対して他の職場の方達が憤ったり注意をしているような記述がないことから、他の方達は本人の問題と割り切って接しているのかな、と推測しました。

自身の正義に過剰に拘るということは、裏を返せばそれだけ自身の正義に寄りかかっていないと心もとないという不安の表れではないのかなと思います。

だからこそ、なのかさんからしたらその先輩の許せない態度を見ているだけで、自分が普段安住している地を侵略されたり汚されたりしてしまうような不安感を感じてしまうのではないかなぁと思いました。

ゆえになのかさんのココロがいたたまれなくなり、相手が辞めるかさもなくば自分がココカラ去っていくか、という極端な二元論的思考になってしまうのではないかと推測します。

正義と言うと一見響きが良いのですが、“なにを持って正義とするか”となると

その時代の社会性 であったり 自身が属する組織の多数決 だったり 倫理観 であったり 親から教え聞かされてきたことであったり……

自分が所属する<社会>によって大きく左右されるものなのです。社会とイウモノは自分以外の他者で構成されているモノです。なので倫理的に正しいとされることでも過剰に気にしてしまうということはそれだけ

ヒトの目を気にしているということでもあり心理学的に言えば他人軸な状態だとも言えるのです。

自身の正義に拘ることは倫理的に良いことではあるのですが、自分はこれからどう生きていきたい、どんな存在になりたい、どんな恋愛をしたい、どんな美味しいごはん食べたい、どんな服着たい、どんな音楽聞いてバカ騒ぎしたい…………といった自分の欲望

自分の欲望に忠実に生きる、自分に対してその欲望を味あわせてあげるためにある意味誠実に生きていくことはもっと大事なことだと僕は思うのデス(*’▽’)

(あ、かと言って倫理的に正しく人に迷惑かけない生き方を否定するわけでは無いですよ、あくまで僕の中の優先順位の話です。)

なぜなら自分の欲望に忠実に生きるということは自分の人生を自分でカタチ作っていくということだからです。

欲望というと世間的にはいやらしいイメージで見られるものでもありますが、人が活き活きと生きていくためのエネルギーでもあるのです。

目に見えないモノではあるけど情動的なココロのエネルギーって欲望というカタチで外に向かって発散しないと内面でドロドロと凝り固まってしまうモンなんですよね。

例えば、世間体ばかり気にしている地味な主婦や真面目といえば聞こえはいいけどルールからはみ出さないだけで遊び心の無い学生のほうが内面はどろどろしてたりしますよね(・∀・)

それではなのかさんの場合、具体的にどんなコトから始めたらいいかというと

ノートを開いてとにかく思いつくままに“この一週間の内に自分がシタイこと”を7個、書き出してみる

例えばチョコミントアイスが食べたいとかラムレーズンのジェラートが食べたいとかレバ刺し食いたいとか新しい下着が欲しい、とかでっかい角煮が乗ったラーメンが食べたいとかエヴァンゲリオンの漫画版を一気読みしたいとかヒトカラ行ってビール飲みながらマキシマムザホルモン歌いたいとか…

それを1週間のうちにかならず1個だけでいいから自分に叶えてあげる

まずはこのような自分の欲望に許可を出せるトレーニングを1~2か月ぐらい続けてみたらいいんじゃないかなぁと思います。自分で自分の欲望を聞き出してあげて自分で行動して自分を喜ばせてアゲる。このことを続けていくだけでもちょっとづつココロが元気を取り戻せて“自分らしくやりたい放題に生きていいんだ”という許可を少しづつ出せてくるかなと思います(*‘∀‘)

そっから先はまた自分と向き合うことが必要になってくるかとは思いますが、その時はまたカウンセラーに頼ることを検討してもらえればと思います。お役立ちいただければ幸いです。