【恋愛相談】自分が個性的だからイイ人と出会えないのかしらん(*_*)

Posted on

無料相談サイトである「ココロノマルシェ」

の相談に回答してみました。今回のご相談は相談者様が出会いの場へは赴くもののなかなか気が合う人と出会えず、その原因はご自身が個性的であることなのかしらん?といった感じの相談です。

僕は個性的であるから気の合う人と出逢えないということに直結はしないと思うんだよなぁ。

ちなみに僕は極めて健全な趣味ばかりで体位も正常位ばかりと個性が欲しいなーと悩んでた時期もありましたでやんす。

以下相談者様からの相談文

自分らしくいて気の合う人と出会いたい。

相談者 まみ様

はじめまして。ご相談させてください。

カウンセリングを受けたり、心理学を少し勉強して、
自己否定が少なくなったら、自分らしく生きたいと言う欲が強くなりました。
私はどこか一般的な感覚からズレているようで、
変わった人扱いで浮いてしまったり、実際話が合う人や波長が合う人がいません。
今までは、興味のない場所へ人と出掛けたり、話も合わせたりしてどうにか孤独を
紛らわしてきました。
でも、自分を装って人と接していても楽しくないし疲れます。
もう大人ですし、ある程度相手に合わせること、本音で何でも話す必要はなく、
全てが合う人はいないとは理解していますが、
場が白けてしまう、時には相手が怒ってしまう事も。。。

話が続く相手は、人を支配するタイプ(自慢したいや空気を読まない、我儘な人)
かコミュ力が高い誰とも合わせられる人の様な気がします。
出会いを求めて、色々な場に参加してみたりもしたのですが、
微妙な空気が流れてしまいます。
嫌な思いをするし、苦手意識が強まる一方です。
相手に共感が出来ない、好みが正反対になってしまう人と出会うことが多いです。
例えば、AとBがあれば、相手がA、私はB。
相手も話が合わないって怒りだしたり、不機嫌に。
お互いに嫌な思いになってる感じですね。

気が合うお互い疲れない人に一人でも出会えればいいなというのが本音です。どこかへ出掛けたり、話したり出来る相手。(すみません。レベルが低くて。)
少し変わり者?の人間は、自分らしく生きて気の合う人と出会うのは、難しいのかなと思う一方、私より個性が強そうな人でも自分に合う人をきちんと見つけているなという
希望と失望があります笑。

気が合う人と出会えなかったら、それも運命だと孤独と付き合うしかないのかなと
も思いますが、気が合う人と出会いたいです。
それとも、実は意気投合は経験出来る人は少ないものなのでしょうか?
お手数ですが、どうぞよろしくお願いします。

以下美片からの回答文

まみ様この度は勇気を出してのココロノマルシェへのご相談ありがとうございます。裏読み心理・恋愛アドバイザー“美片(みかた) たかひろ”が回答させていただきます。

相談文を読ませていただいてまみ様のお悩みの原因として、自身のキャラクター的な気質や趣味・嗜好が一般の人とは容易に打ち解けにくいモノであることからなかなか気の合う人と出会えないことに結びついていることとお考えなのかな、と感じました。

ただ上記のことが自身の思い通りにいかない現実の要因にはなっていてもハッキリとした原因として、ご自身の中でシックリきていないように感じられたんですね。

そういったお気持ちが相談文の中の

少し変わり者?の人間は、自分らしく生きて気の合う人と出会うのは、難しいのかなと思う一方、私より個性が強そうな人でも自分に合う人をきちんと見つけているなという
希望と失望があります笑。

この箇所に表れていると感じました。

僕が相談文を読んでいて、特に気になったのが出会いの場で相手の方が目に見えるほど不機嫌になってしまったり怒り出してしまうことがある、ということなんです。

キャラクターや趣味・思考が個性的で出会った人とソリが合わなくて話が盛り上がらないで終わるということはあったとしても相手があからさまに不機嫌になったり怒り出すことはなかなかないのではと思いました(単純に相手の方が精神的に幼稚で許容度が低いということはあるかもしれません)

そもそも趣味が合わなくてもお互いに仲のイイ人達はたくさんいますし、キャラが強い人、最近の人で言えばホストのローランドやYoutuberのフワちゃんとかは交友範囲広いと思うんです、芸能人である以前から。

僕なりに相談文を読みながらアレコレ考えてみたんですが相手の方が不機嫌になってしまったり怒ってしまうのって同じ場を共有しながらも心がすれ違っている、すなわちコミュニケーションが噛み合っていないことに端を発しているのかなと思いました。

ここから相談者様が気の合う相手に出会えないことは相談者様のキャラクターや趣味・嗜好よりもコミュニケーションスキルの問題なのではと思いました。

相手が目の前にいて実際に言葉を交わしていてもコミュニケーションがズレてしまっていることってよくあることです。

例えば子供が90点のテストの答案用紙を母親に見せた時「あと10点とれば100点じゃない!あともうちょっとよ!がんばんなさいよ!」と言われて子供はそのままの自分を褒めてほしかったのにそのままの自分を否定されたような気持になってしまい押し黙ってしまう…みたいな感じですね。

お相手の方が不機嫌になってしまった時ってコレと同じように目の前に相手がいて言葉を交わし合いながらもコミュニケーションのズレから相手が今の自分に対して心の目で捉えてもらっていないという心が冷たくなるような感覚から生じたものなのではないかと思います。

ここでちょっと話が変わりますが

人が怒りを感じる心理的なメカニズムについてお話しさせてもらいます。

人が怒りを感じる心理的な要因って大きく分けて2つあるんです。

①自分の存在をないがしろにされた時

②自分の期待が裏切られた時

①について簡単に説明すると例えば朝職場であいさつをした際シカトされたら誰でもムカっときますよね。それとか仲間内で自分だけ誕生日会に呼ばれなかった時等も「なんでアタシだけ?」となりますよね。まーーこんな感じです。

②については例えば芸能人の不倫問題に怒るヒトっているじゃないですか。アレってその人の中の「たとえ芸能人でも貞操観念は守るべき」っていう無意識の期待が裏切られたことによる怒りなんですね。ザックリ言うと。

そんな感じで人が怒りを感じる心理的なメカニズムについて簡単に説明させてもらったワケですが今回の相談での出会いの場での相手の方の怒りの要因については①が当てハマっているのだと僕は思います。

相談文の下記の部分を読ませてもらって感じたのは

相手に共感が出来ない、好みが正反対になってしまう人と出会うことが多いです。
例えば、AとBがあれば、相手がA、私はB。
相手も話が合わないって怒りだしたり、不機嫌に。
お互いに嫌な思いになってる感じですね。

これだとお互いの好みが正反対だとしても、お互いの好みの主張をした段階で会話が終わってしまっているんですネ。例えば私は麺類だったら香川県出身なのでうどんが大好きだ!麺類で一番美味しいのはうどんであると。

そして相手は負けじといーーや、私は地元、長野の美味しい水で作られたそばが大好きだ!麺類で一番美味しいのはおそばだよ!といった感じで。

こんな感じでお互いに自分の好みを主張してたまたま気が合ったら仲良くなるのって言ってみれば小・中学生の仲良くなり方ですよね。

では、ある程度成熟したオトナだとどういうふうにコミュニケーションをとるかというと

相手の主張する好きなものを通じてその相手の内面に興味を持って探っていくんです。

具体的には相手がおそばが好きだと主張したら自分とは食の好みが違うことを認めたうえで例えば

・おそばが好きだと気づいたのは何歳ぐらいの頃?  ・おそばをハッキリ好きだと気づいたのってどんなことがあったから?   ・特に好きなおそばはどんなおそば?  ・もしこの世からおそばがなくなったらどうする?

こんな感じで相手の方はおそばとどんな関係性を作っているんだろうと気になったことを質問として投げかけていけばいいのです。そして自分の質問に相手が答えてくれたら、矢継ぎ早に次の質問をせずにそのお礼として相手の答えを聞いたうえでの率直な感想(ただしネガティブな印象のものはナシ)を相手に伝えてあげましょう。

こういったカタチで相手の方と趣味・嗜好が違うからと言ってそこでコミュニケーションを断念するのでなく相手の方は自分とは違う趣味・嗜好によってなにを得ているのか?ということに目を向けてコミュニケーションをとっていきましょう。

こうして相手の内面に目を向けてコミュニケーションをとっていけば相手の方は自分が目の前にいるのに自分のことをないがしろにされたような気になって(冒頭であげた怒りの要因の①のほう)不機嫌になったり怒ったりすることはないと思いますし、違う趣味・嗜好の方とも十分に仲良くなることが可能です。

ほいでね、今までこういったコミュニケーションがとれなかったとすると自分自身にも興味が無いっつうか自分の内面に十分に目を向けてこれなかったのではと思うんす。

なのでまず最初に自分のことに興味を持ってアゲましょう!!!

ということで自分でノートを開いて自分にインタビューするような感じで自分の好きなモノ・コトに関して

・ワタシはいつからそれを好きになったんだっけ? ・なぜワタシはそれを好きになったんだっけ?

・どんなシチュエーションでそれを楽しむのが最高?  ・もしそれがこの世からなくなったらワタシはどうなる?

みたいなことを書き記して言ってください。

オトナの社交の場では相手の内面に興味を持ってコミュニケーションをとるのと同じく自分の好きなことやなぜ今の仕事に就いているのかといったことを自分の頭で考え自分の言葉で自分をプレゼンできることも同じくらい大事なことです。

オトナなコミュニケーションがとれるようになれば自身の趣味・嗜好に関係なくお互いの相違を尊重出来るオトナな方と仲良くなれますよ。類友ってヤツっすね(*‘∀‘)

ご参考になれば幸いです。

↓ここからお知らせです

ねーねーいつまで我慢したりツラかったりせつない思いばかりの恋愛してんの(*´▽`*)

そろそろバチっと自分と向き合ってそのつまんねー恋愛グセ手放しちゃいなよ

他にも自分に自信が無い、自分なんて生きる価値ないと思い込んでたりとかとかオイラも人間関係で悩んだからそういった悩みもまるっと聞きますよん。

今ならお得なキャンペーン中だよ!

ただ今初回無料相談受付中です。詳しくはここをクリック